てげてげなるままに(住職・坊守のブログ)

2022-07-04 11:17:00

我が家のペット

 

皆さんはペットと暮らした経験がありますか?

私は子どもの頃、猫を飼っていました。

外と家を行ったり来たりするような飼い方でしたが、冬に一緒に寝るのが暖かかったり、ゴロゴロと喉を鳴らしながら撫でるようせがむ姿はとても可愛くて、今でも抱いた時の感触や、柔らかさを覚えています。

(なんと、出産に立ち合った経験も何度かあります‼)

 

住職と結婚してから初めて飼ったペットは「シマリス」でした。

メキシコに留学することになった私の妹の代わりに飼うことになったのですが、結果として元の飼い主の妹より、私達の方が長い年月を過ごすことになりました。(4~5年間飼ったと思います。)

リスは食べ物を頬袋に入れる習性があります。

冬眠する動物なので、蓄えておく食べ物をたくさん運ぶための習性らしいのですが、ヒマワリの種をあげると、パンパンになるまで入れ続け(殻を剝いて実だけ頬に入れる賢いリスでした)、もうこれ以上もらえない、とわかると、前足で頬をすりすりして口から出し、両前足で持って食べる姿がとてもかわいらしかったです。

(しっぽの毛づくろいも、可愛かった~✨)

我が家の子ども達にも、お世話ができる年齢になったら、ペットのいる環境で過ごして欲しいなぁ、と思っており、リスを飼いたいと考えていたのですが、シマリスは5月ぐらいにしか店頭で販売されていないそうで、飼い始めるタイミングを逃していました。

「次の5月までにシマリスのご飯やお世話の仕方など、飼い方をしっかり調べて、きちんと世話が出来る‼となったら飼おうね」と、話していたのですが、住職と次女の3人で散歩している時に見つけた「うさぎ専門店」にたまたま入ったことがきっかけで、我が家はうさぎのかわいらしさの虜になり、その日から1週間もしないうちに、うさぎのいる生活が始まりました。

そして・・・

1匹目のうさぎを飼い始めてから2か月ちょっと経った頃、2匹目のうさぎが我が家にやってきました。

ペットを飼った経験がある方ならわかってくださると思うのですが、ペットのいる生活にはたくさんの「癒し」があります。

 

こんなに小さくても1つの命。

我が家にとって、大切な大切な家族の一員です。

 

1匹目の「マロン」が来てすぐの頃

マロきてすぐ.jpg

 

2匹目の「チロル」が来てすぐの頃のチロルと3ヶ月目のマロン

 

マロと来たばかりのチロ.jpg